初割2021、日経電子版が2カ月無料。日経クロステックも対象

スポンサーリンク

こんにちは、lizard.kです。
新型コロナの感染拡大が続く中、今年も終わろうとしています。

個人的には得たものも多かった年でしたが、目まぐるしい変化の一年でしたね。時代の流れを読みながら、しっかりと行動できるように心掛けたいです。

さて、今年も日経の初割キャンペーンが始まりました。
日経電子版に加え、日経産業新聞ビューアー、日経MJビューアー、日経ヴェリタスビューアー日経ビジネス電子版セットなども2カ月無料で購読できます。

日経電子版 まずは無料でお申し込み|日本経済新聞のニュース・専門情報
日本経済新聞 電子版のお申し込み、料金など詳細はこちら。経済ニュースをはじめ日本経済新聞社ならではの価値ある情報を厳選してお届け。パソコン・スマホでどこでも利用可能。有料会員なら紙面イメージの表示や記事保存、キーワード登録でビジネスにつながる情報収集を効率化します。
スポンサーリンク

日経クロステックが初割対象に加わる

また今回から、日経クロステックが初割の対象に加わったのも嬉しいところ。

日経コンピュータ、日経NETWORKなどの雑誌記事を、バックナンバーも含めて検索して読むことが出来ます。日経パソコンは読めないんですね(なんでだろ)。

しかし、あんなにあった日経の直販誌も減ったなー。日経バイトを定期購読していたころが懐かしいです。。

無料体験済みのアカウントも申し込み可能。解約も簡単。

なお、既に無料体験を済ませている会員も初割の申し込みは可能です
私はふだん証券会社版の無料の日経テレコンを使っているのですが、やはり紙面ビューアーは便利なので、初割の期間中はこちらを利用させてもらっています。

解約を忘れて課金されてしまうのが心配な方は、申し込み後すぐに解約しておきましょう。その場合も2カ月間は無料で使えるようになっています。

解約方法は、以下の通りです。

①右上の有料会員ボタンからご購読サポートを選びます。

②契約内容の確認・変更・解約を選択。

③「日経電子版を解約」などから解約画面に進みます。
日経ビジネス電子版セットは日経電子版を解約すれば自動的に解約されます。
その他のオプションについては、ひとつひとつ契約内容の確認・変更のリンクから解約する必要がありますので、忘れないようにしましょう

④このように「解約を受け付けました」の表示が出ていればOKです。

というわけで、解約も簡単なのでかなりお得なキャンペーンだと思います。
お正月休みにゆっくりと読むのもいいんじゃないでしょうか。初割の申込は2021年1月31日までなので、興味のある方はお見逃しなく。

日経電子版 まずは無料でお申し込み|日本経済新聞のニュース・専門情報
日本経済新聞 電子版のお申し込み、料金など詳細はこちら。経済ニュースをはじめ日本経済新聞社ならではの価値ある情報を厳選してお届け。パソコン・スマホでどこでも利用可能。有料会員なら紙面イメージの表示や記事保存、キーワード登録でビジネスにつながる情報収集を効率化します。

来年の今頃は、新型コロナの脅威も収まっているといいんですが。。

コメント