H.264エンコードでのビットレートの目安

2016/05/24

MPEG2-TSからH.264/MPEG-4 AVCにエンコードする際、ビットレートはどれくらいに設定すべきなのでしょうか。TMPGEnc Video Mastering Works 5では初期値が4,000kbpsになっていて、あまり品質がよくありません。

だとすると、どの程度のビットレートなら十分なのか。フレームサイズや映像のスピードにもよるので一概には言えないと思うのですが、何か目安になるようなものが欲しいところです。

そこでネットを調べてみたところ、エンコード品質をあらわすBPP(Bits Per Pixel)という指標を知りました。
【参考記事】RealNetworks FAQ: 最適なビデオ品質が得られるエンコーディング設定を選ぶ方法はありますか?

目標とするBPPを決めれば、ビットレートは次式から求まります。
ビットレート[kbps] = BPP × フレームレート[fps] × 幅 × 高さ ÷ 1000

bpp1

そこで上記サイトに書かれているBPPになるようなビットレートを計算して表にしました。
参考までに1時間の録画データをエンコードした場合のファイルサイズも載せています(音声ビットレート128kbps)。
ファイルサイズ[MB]=(映像ビットレート[kbps]+音声ビットレート[kbps])×再生時間[秒]÷8÷1024

まずは1440×1080、30fpsの場合です。

bpp2

次に1920×1080、30fpsの場合です。

bpp3

その他のフレームサイズも同様の計算で求めることができます。

品質とファイルサイズのバランスを考えると1440×1080なら8Mbps、1920×1080なら10Mbpsあたりのビットレートが無難でしょうか。VBRの最大ビットレートはこの2倍くらいにします。他ソフトでも規定値はこのくらいが多いようですし、ひとつの目安にはなりそうです。

-エンコード, パソコン