海辺のミュージアム~横須賀美術館に行ってきた

前から気になっていた横須賀美術館に行ってきました。海沿いの観音崎の地に、横須賀市の市制100周年を記念して2007年に開館した美術館です。

お昼時でお腹も空いていたので、まずは館内にあるレストラン『アクアマーレ』に直行。ランチはピッツァ・セット(3種類から選択)が1,300円、パスタ・セット(5種類から選択)が1,200円(どちらもサラダとドリンク付)でした。
眺めの良さは勿論ですが、料理も結構ボリュームがあって美味しい。正直、美術館でちゃんとしたランチが食べられるとは思っていなかったので満足でした。

浦賀水道を行き交う船を眺めながら、ゆったりと食事が出来ます。
菜の花とアンチョビ・フレッシュトマト・モッツァレラのピッツァ

この日は『海辺のミュージアムでみる日本画展』という、所蔵品で構成される日本画の企画展をやっていました。
展示の方も朝井閑右衛門など、他所であまり見られない作品が多く楽しめましたが、この美術館は建物が凝っていて面白いです。山本理顕という人が設計したようで、渡り廊下から階下の展示が見えたり、壁に覗き窓のようなものがあったりと、随所に遊び心があふれています。展示室も隠し部屋のようになっていたりして、さながら館内を探検している気分なんですよね。
Googleのストリートビューで、外観や眼前の海の風景が確認できますよー。


大きな地図で見る

別館にある谷内六郎は、週刊新潮の表紙を描いていた方。昭和を感じさせる懐かしい風景と、ユーモアのあるタイトルが魅力で、見ていて飽きません。
予想した以上に見どころが多く、また来たいと思わせる楽しい美術館でした。

ただ、一つ残念だったのが地下駐車場の狭さ。柱が多いし、区画が狭いので停めにくい。土日祝だけでも、閉鎖していた地下1階の駐車場を開放してくれれば大分違うと思うのですが、あれは何とかして欲しいものです。

外部リンク: 横須賀美術館

四季・谷内六郎 四季・谷内六郎
谷内 六郎アートデイズ 2009-09-01
売り上げランキング : 27359

Amazonで詳しく見る by G-Tools

海と風船 海と風船
谷内 六郎アートデイズ 2006-02
売り上げランキング : 535253

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-ミュージアム