Quick Sync VideoのH.264エンコードを試してみた

Sandy Bridgeを購入したので、CUDAに続いてQuick Sync Video (QSV)によるH.264エンコードを試してみました。TMPGEnc Video Mastering Works 5を使い、PT1で録画したMPEG2-TSをリサイズせずにH.264(MPEG-4 AVC)に変換します。

【テスト環境】

  • CPU: Core i7-2600(無印)
  • M/B: ASRock H67DE3
  • GPU: ECS NBGTX460-1GPI-F(GTX460 1GB)
  • MEMORY: 4GB
  • OS: Windows 7

まずは所要時間の比較からです。参考までにこれまで使っていたCore i5-750のデータも載せておきます。

time

※ビットレート:4,000kbps。ABR(VBR平均ビットレート)は、x264のみ2パス、その他は1パス。

やっぱりQSVは速いですね!GTX460のCUDAと比較しても3割程度速い計算になります。
もちろん、もっと上位のGPUを使えばこの差が逆転する可能性もありますが、Sandy Bridgeのコストパフォーマンスが優れているのは間違いありません。

ちょっと意外だったのは、i5-750と比較したときのx264の変化です。HTの有無による影響もあるでしょうが、4割も速度が向上したのにはビックリ。x264ほどではありませんが、CUDAも速くなっています。Sandy BridgeはQSV以外も速いと言えそうです。

CPUの使用率も測ってみました。

resource

こちらはQSVとCUDAで、それほど違いはありません。

最後に気になる画質です。ABRでエンコードしたものをオリジナルと比べてみます。

quality

正確な比較は難しいですが、大まかに言ってx264 > CUDA ≒ QSV という感じでしょうか。CUDAとQSVはぼやけたり滲んだりしたような部分があります。正直、もう少しQSVの画質には期待していたのですが、CUDAとあまり差がないようなのは残念です。ただし高速なのは確かなので普段はQSVを使い、高画質で残したいものは(ソフトウェア・エンコードも速くなっているので)x264を使おうと思います。

私の場合、嫁さんからドラマの録画を頼まれることが多いのですが、TSのままだと保管場所に困っていました。QSVを使えば短時間でH.264に変換できますので、早く見るよう嫁さんをせっつかなくて済みそうです(笑)

関連記事:

Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】 Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】

インテル 2012-04-29
売り上げランキング : 214

Amazonで詳しく見る by G-Tools

TMPGEnc Video Mastering Works 5 TMPGEnc Video Mastering Works 5

ペガシス 2011-02-10
売り上げランキング : 210

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-エンコード, パソコン