映画「グラン・トリノ」の感想

グラン・トリノ [Blu-ray]
グラン・トリノ [Blu-ray]

タイトルにもなっているグラン・トリノは、フォード製のビンテージ・カー。クリント・イーストウッド演じる主人公のウォルトは、その製造に携わったことを唯一の誇りとしている、偏屈で保守的な筋金入りのじいさんだ。

愛する妻に先立たれ、息子や孫たちからは疎まれ、その上我が身には病魔が忍び寄る。孤独を募らせるウォルトだが、素直にそれを表現することが出来ない。

その頑な心を解きほぐしていくのは意外にも血の繋がった家族ではなく、隣家のモン族の姉弟や息子よりも若い牧師だ。人の心は簡単には変わらない、だからといって人と関わることを諦めてはいけない。★★★★★。

-映画