小谷流の里 ドギーズアイランドに行ってきました(後半)

以下の投稿の続きです。

小谷流の里 ドギーズアイランドに行ってきました(前半)

四季の花径を散歩した後は、昨日混んでいてパスした中・大型犬用ドッグランに行ってみました。平日の午前中だからか、昨日とは違って貸切状態。じゃぶじゃぶ池や雨でも遊べる屋根付きのスペース、日よけのテントなどもあって、長時間過ごせるランでした。喜んで走り回る犬を遠目に見ながら、はらはらと落ちる紅葉の中、アウトドア用のチェアを並べて寝そべる時間は至福のひと時でした。ただ一点残念なのは隣でホテルの増築のため工事をしていたことです。来年4月に完成ということでしたが、工事の音さえ無ければ本当に最高でした。

朝食をしっかりと食べてしまったので、遅めの昼食を『長崎風ちゃんぽん 小谷流軒』で取ることにしました。皿うどんと冷やし中華ちゃんぽん、そして餃子を頼みました。観光地価格ではありましたが、普通に美味しかったです。

その後、部屋に戻ってビールを飲んでぐだぐだしたり、ドッグランに繰り出して犬を遊ばせているうちに夜になり、晩飯を『昔ながらの洋食 蜩の里』で頂きました。注文したのは「千葉県産ポークのソテー」で、ボリュームもあり美味しかったですが、やはり値段は少し高めです。ただ、朝食を食べたレストラン以外にも選択肢があるのは嬉しいです。

3日目

早いもので最終日。この日は夜明け頃まで雨が降っていましたが、起きたときには止んでいました。結果的に三日間とも日中は晴れていたのでラッキーでした。
まずは昨日と同じビュッフェ形式での朝食です。今日は和食で揃えてみました。二日合わせるとあらかたのものは食べたかな。

チェックアウト後も当日中は施設が使えます。あちこち散歩したり全犬種用ドッグランで遊び疲れたところで引き上げました。

途中、道の駅 あずの里いちはらに寄り、隣接する農業センターを一回りしてから帰ってきました。今回の旅行も大活躍だったアクセラ、お疲れ様。

まとめ

唯一ホテルの増設工事の音が残念でしたが、それを除けば部屋も綺麗でスタッフの方も親切だったので満足。どこでも犬を連れて行けて、良い旅行になりました。

行く前は宿泊料が少し高い気もしていましたが、ドッグランの利用料も付いていると考えれば安いものかもしれません。複数のカフェやセレクトショップ、コンビニもあって施設内だけで十分楽しめますし、ほとんどの店が部屋付で決済できるのでお財布を持ち歩かなくても何とかなるので便利でした。
神奈川県からも気軽に行ける距離ですし、新しいホテルが完成する来年4月以降にまた訪れたいと思います。

小谷流の里 ドギーズアイランド

-犬と泊まれる宿