ReadyNASをAmazon Cloud Driveと同期させる

ReadyNASの新しいファームウェア バージョン6.5.0がリリースされ、Amazon Cloud Driveとの同期が可能になりました。これまでもDropboxとの同期は可能でしたが、他社のNASと比べクラウドとの連携は遅れを取っていたので、ようやくという感じですが嬉しい機能追加です。
Amazon Cloud Driveはプライム会員だと、無制限かつ無劣化で写真を保存できるプライム・フォトがあるので、NAS上の写真データのバックアップとして最適ですよ。

設定は簡単で、クラウドタブから「Amazon Cloud Driveとの同期」をONにすると、「Amazon アカウントを使用してReadyNAS Appにサインイン」というウィンドウが開きますので、サインインします(ファームウェア・アップデート後も元の画面のままの場合は、ブラウザのキャッシュをクリアしてください)。
readynas1

続いて、設定ボタンをクリックして、同期したいフォルダにチェックを入れ、スナップショットの作成頻度を設定して同期ボタンを押すだけです。
readynas2

ちなみにファームウェア6.4はアンチウイルスを有効にしていると動作が重くなる現象があって散々でしたが、そちらも改善しているようです。
参考リンク:【重要】ReadyNAS 6.4.x にてアンチウイルスが有効の際に発生するパフォーマンス問題に関して

あとは動画データが、(あまりお金をかけずに)容量を気にせずクラウド上にバックアップできるようになればいいんですが、日本のAmazonでもUnlimited Everythingを始めないかなー。

-パソコン