AT6010-59P シチズン・ソーラー電波時計 アテッサを購入

2016/05/04

この春で職場が変わったこともあり、気分転換に腕時計を買い替えました。
これまで時計にはあまり興味が無く、かれこれ15年以上使っていたのは所謂ファッションウォッチ。何度目かの電池交換の時に、そう長く使う代物じゃないようなことを時計屋さんに言われたのも気になっていました。

買い替えにあたって重要視したのは実用性。機械式時計も面白そうですが、仕事中に気が散っても困るし、手間を考えるとソーラー電波時計が一番かな。
今の時計はクロノグラフでストップウォッチはあまり使った記憶が無いから、今度はシンプルな三針時計でいくことに。
曜日は見えた方が便利なんじゃないかと思って調べていくうちに、アナログのソーラー電波時計でデイデイト(曜日と日付)表示が出来るのは唯一シチズン製だけと知り、ATD53-2792AT6010-59EAT6040-58Eあたりを候補に下見に行ってきました。

ATD53-2792は手首の細い自分にとって丁度良いサイズだったのですが、デザインはシンプルかつエレガントなAT6010-59Eの方が好み。
間もなく発売されるAT6040-58Eも気になったのですが、店員さんによるとCB1070-56Eに似た仕様で、フィットアジャスターが付いていなかったり、中留の三つ折れ部の金具が薄かったりと色々コストダウンが図られるている模様(実際安いですが)。

AT6010-59Eはケースサイズが大き目なのが唯一気になっていたのですが、色違いのAT6010-59Pを見せてもらうと淡いシャンパンゴールドのような色合いで実に綺麗じゃありませんか。ATD53-3053はもっと白っぽいし、他にあまり無い感じが一目で気に入ってしまい購入することに。
気になるお値段は、ビックカメラの電波時計買い替えキャンペーンで2,000円安くなり、税込み47,140円でした。

付けてみた感じはチタンなので軽く、バンドもよく曲がってフィット感が高いです。サファイアガラスとデュラテクトTICコーティングで傷にも強く、オンオフともにガシガシ使えそう。
初の電波時計は、時報と秒針がぴったり合っていて気持ちいい。パーペチュアルカレンダーなので、閏年も含め月末の日付修正が不要なのも楽です。

長かった連休も今日で終わり。明日からはこの相棒と一緒に仕事を頑張ります!

IMG_2223

IMG_2227

IMG_2229

IMG_2235

↓こちらは色違いのモデル。

-時計