バリューサーバーの「まるっとプラン」にWordPressを移行する

これまで某特典で無料で使えていたWindows Azureの期限が切れそうなので、当ブログのサーバーを移転することにしました。
移転先は「WordPressが使えて安いところ」という条件で探し、バリューサーバーの「まるっとプラン」に決定。

「まるっとプラン」は、共用レンタルサーバーサービス「VALUE-SERVER」で、ドメイン名の登録からブログシステム(WordPress)の設定までを1回の手続きで行える初心者向けプランです。仕事でCoreServerを使っていたので、別にそこまで面倒を見てもらわなくても自分で出来るのですが、初期費用が無料で、他のバリューサーバーのプランより月額料金が安いのは魅力。既にドメインを取得している場合、年額1,500円(税込み1,620円)でWordPressを運用できます。

新たにドメインを取得する場合

これからドメインを取得する方は、まずは空きドメインを検索し、希望のドメインを購入すると同時に「まるっとプラン」を申し込みます。

marutto1c

参考リンク:ドメインとサーバーを同時に取得

既存のドメインを使用する場合

既にドメインを持っている場合でも、「まるっとプラン」を申し込むことは出来ます。ただし、ドメインをVALUE-DOMAINで管理する必要があるので、別のレジストラで管理している場合は移管申請をします。私はこれまで「お名前.com」を使っていましたが、移管申請を行ってから1時間ちょっとでトランスファーが完了しました。

marutto0

続いて、ドメインに紐づける形で「まるっとプラン」を申し込めばOKです。

marutto1

参考リンク:登録済みのドメインをまるっとプランのサーバーに適応

バリューサーバーのコントロールパネル

申し込みが完了すると、ログイン方法を記したメールが届きます。
コントロールパネルはバリューサーバーと共通のもの。CoreServerと比べると、幾らか見やすくなっています。

marutto1a

少し待つと「まるっとプラン」設定完了のメールが届き、独自ドメインでWordPressにログイン出来るようになります。
DNSやドメインWebの設定、MySQLのデータベース作成、WordPressのインストールまでは自動でやってくれる仕組みになっています。
慣れていない方には確かに楽ですね。

コントロールパネルのCMSインストールのところにもWordPressがあって紛らわしいですが、「まるっとプラン」の場合は自動でインストールされるので使いません。
ちなみにデフォルトでWordPressがインストールされるフォルダは、/public_html/ドメイン名 です。同じ階層にwww付きのドメイン名フォルダもありますが、中は空になっており、ドメインウェブ設定でwww無しのフォルダに転送するようになっています。

このままでも使い始めることは出来ますが、phpMyAdminは自動でインストールされませんので、必要な方は入れておきましょう。
コントロールパネルのデータベースからPhpMyAdminをクリックし、インストールボタンを押すだけです。
インストールボタンの右に「PhpMyAdminはこちらにインストールされます」というリンクがありますのでクリックし、上の「MySQLの追加・編集」に表示されたデータベースのユーザー名とパスワード(確認ボタンを押すと見ることが出来ます)を入力するとphpMyAdminにログインできます。

marutto1b

WordPressのダッシュボード

http://ドメイン名/wp-admin でWordPressの管理画面にアクセスします。
すると、およそWordPressとは思えない、猫が描かれたピンクのログイン画面が現れます (^^;;
「まるっとプラン設定完了のお知らせ」というメールに書かれたユーザー名とパスワードで管理画面にログインしましょう。

marutto1d

ダッシュボードのメニューは初心者向けに簡略化されたものになっていますが、「まるっと設定」からモードを変更できます。

marutto1e

簡単ホームページモードは、簡単ブログモードに固定ページのメニューを追加したもの。
カスタムモードで通常のWordPressのダッシュボードになります。何だかホッとしますね。

marutto1f

こういうのが不要な方は、プラグインから「vs-marutto」を削除すれば「まるっと設定」も消えて無くなります。

また、テーマも標準のもの以外に幾つか最初からインストールされています(以下は一覧)。

  • Alexandria
  • BizVektor
  • Chocolat
  • Fiore
  • Forever
  • Lovebirds
  • Pachyderm
  • SmartShop
  • Sugar and Spice

まとめ

結局この後、移行前のサーバーからダウンロードしたWordPressのフォルダーを、wp-config.phpのデータベース情報だけ修正してプログラム本体ごとアップロードし、phpMyAdminでエクスポートしたデータベースを取り込んで移行を完了しました。

サーバーを移転する場合の注意点としては、MySQLのデータベースが一つしか作れず、データベース名も登録ユーザー名で固定されてしまうので気を付けましょう。wp-config.phpの設定で、データベース名を合わせておく必要があります。

というわけで賛否両論ありそうなダッシュボードなど、「まるっとプラン」ならではの機能はあまり使いませんでしたが、慣れていない方には確かに楽かなとは思います。
必要なければ他のバリューサーバーのプランと同様に使うことも出来るので、安くWordPressを運用したい方は候補に加えても良いのではないでしょうか。

-WordPress