給湯器のお湯が温かくならない(ノーリツ)

2015/06/08

ちょうど昨年の今頃、エラー(140)が出て風呂を沸かせなくなり、温度ヒューズを交換して復活した我が家の給湯器(ノーリツ GTH-2413SAWXH)。あれから一年間は問題無く使えていたのですが、今度は給湯側の台所や洗面所、シャワーのお湯が温かくならない不具合が発生しました。
参考リンク:給湯器が故障した(エラーコード140) - 蜥蜴日記

まったくお湯が出ないわけではなく、ぬるい感じ。前回と違ってエラーコードは表示されず、別系統の風呂も普通に沸かせます。12年半使っているので流石に寿命かとは思いつつも、前回修理して何とかなったので、今回もメーカーのノーリツに電話して、サービスマンに見に来てもらいました。

原因はミキシングバルブという水比例弁(電磁弁)の故障で、お湯に対し水が多く混ざっているため温かくならないとのこと。すぐ修理出来るものか聞いてみたところ、部品を持ってきたのでこの場で直せるとのこと。「部品を用意して来るなんて流石ですね」と話したところ、まったくお湯が出ないならともかく、温かくならない場合はたいてい原因はミキシングですからと仰っていました。

IMG_1372

故障したミキシングバルブ

IMG_1374

給湯側だけで、風呂の追い焚き側には付いていないとのことでした。

修理費が高ければ考えたのですが、その場で直せて費用も1万数千円だというので交換してもらうことにしました。1時間もかからずに修理完了。かかった費用は以下の通りでした。

部品代  5,600円
出張料  3,000円
作業工料 7,200円
消費税    1,260円
-------------------
計    17,060円

今回はこの程度で直せたから良かったですが、毎年故障するようなら考えてしまいますね。毎日使うものなので、急にお湯が出なくなると非常に困りますから。この機種は風呂場のリモコン(RC-6308S)が壊れるケースも多いと言っていました。

かといって買い替えたら下記のようなネットの安いところでも30万くらいは掛かるので、修理出来る限りは使い続けた方がいいのか迷ってしまいます。ブログのネタとしては、直しながらどこまで使えるか長期レビューするのも面白そうですけどね(笑)
さて、来年の今頃はどうなっていることやら。

-給湯器