アクセラのナビをV33にアップデート、新型デミオを見てきた

マツコネ バージョン33

アクセラのナビをディーラーでアップデートし、バージョン 32.00.000 から 33.00.700 になりました。

IMG_1327

今回からホームページ上でバージョンアップ情報が公表されるようになり、主な更新内容は以下の通りです。

  • ルート検索の条件の選択肢に、『一般道優先』の選択肢を追加し、使用頻度の少ない『エコ』の選択肢を廃止しました。
  • 「目的地までの距離、到着時間」を分かりやすく表示すると共に、乗降するIC情報を表示するようにしました。
  • 推奨ルートを含む、4ルート(時間/距離/一般道/幹線優先)を同時に表示するようにしました。
  • 自車位置の測位にかかる時間の短縮等、パフォーマンスを改善しました。
    • パフォーマンスの主な改善点
    • <表示全般>
    • GPS信号の受信環境が悪い場合でも、正しい時刻を表示するようにしました。
    • 描画性能を向上しました。
    • 情報処理動作の安定性を向上しました。
    • <ナビゲーション>
    • 自車位置の測定にかかる時間を短縮しました。
    • 「時間優先」設定でルート案内中、直進すべき立体交差を正しく案内するようにしました。
    • ナビゲーションが起動しない現象を改善しました。
    • オートライト使用時のライト点灯/消灯に、昼画面/夜画面が適切に自動切替するようにしました。
    • 地図の縮尺について、エンジンスイッチを『ON』した時に、前回エンジンスイッチを『OFF』した時の縮尺で表示するようにしました。
    • VICSを受信可能な放送局に設定してるのに、VICS情報が受信できない現象を改善しました。

参考リンク: 【マツダコネクト】Ver.32からVer.33の主な変更点について。

「一般道優先」はこれまで無かったのが不思議なくらいですが、4ルート同時表示と合わせて、ようやく普通のナビになってきました。
地図の縮尺が毎回リセットされてしまう問題も直りました。あとは、「GPS信号が途絶えました」というアナウンスが消えているといいんですが、少なくとも今日はありませんでした。

VICSの渋滞情報の表示が大雑把(一か所混んでいると、前後も渋滞と表示される)なのは相変わらず。横浜横須賀道路が「国道16号」と表示されるのも変わっていません。ルート案内時の到着予想時間が大幅にぶれることがあるのは直ったのかなぁ。
参考リンク:マツコネ・ナビのVICS渋滞情報が当てにならない - 蜥蜴日記

更新内容をホームページで公開するようになったのは良い変化ですし、マツコネの搭載車種にデミオが加わりアクセラだけの問題ではなくなりましたので、今後の改善に期待しています。

新型デミオ

ディーラーには新型デミオが展示されていました。1.3Lガソリンエンジン車だけで、ディーゼルはまだありませんでしたが、なかなか格好いいですね。
天井に使われている素材が安っぽかったり、アームレストが無い等、価格相応といった部分もありますが、全般的にこのクラスの日本車とは思えない雰囲気があります。

CVTではなく6ATにしたのも、マツダのこだわりを感じます。1.5Lディーゼルエンジンを積んだXDが来たら、是非試乗してみたいものです。

IMG_1306

ソウルレッドプレミアムメタリックの13S L Package。Lパケはボディーと同色塗装のフロントグリルガーニッシュが付属。

IMG_1295

Lパケの赤いストライプの入ったホワイトのレザーシート。

IMG_1309

試乗車はメテオグレーマイカの13S。

IMG_1317

標準モデルのクロスシートも良い感じです。

IMG_1318

このクラスでもオルガン式アクセルペダルを採用するこだわりは素晴らしいと思います。

IMG_1308 IMG_1296 IMG_1303 IMG_1305 IMG_1320 IMG_1311

-アクセラ, 自動車