Nexus 7 を 2013年モデルに買い替えた

主に日経電子版の紙面ビュアーと、電子書籍用端末として活躍中の我が家のNexus 7 (2012)。大きな不満は無かったのですが、薄くて軽くなり、背面カメラも付いた新型に買い替えてみました。

ストレージが増設出来ないので前回は余裕をみて32GBにしたのですが、ゲームもやらず、音楽再生や写真/ビデオ撮影はiPhone 5という具合で使い分けると全然容量を食わないことが分かったので、今回は16GBです。

9月末まで旧型の下取り価格が3,000円増額されるキャンペーンをやっていたので、ソフマップの通販で買ってみました。旧機種(32GB)が13,000円で引き取ってもらえたので、差引14,800円の出費でありました。

【良かったところ】
・薄くて軽い、横幅がスリムになって更に持ちやすくなった
・画面がさらに綺麗に
・処理性能が向上
・裏の技適マークのシールが無くなった
・無線が802.11aに対応
・ワイヤレス充電は便利そうなので使ってみたい

【イマイチなところ】
・裏面の材質-以前より高級感はあるが、滑りやすい
・スリープに入るときの画面の消え方-上下から中央に向かって消えるので違和感がある。最初は壊れているのかと疑った (^^;
・背面カメラのスペックが微妙で、用途が思い付かない (^^;

左:Nexus 7 (2013)、右:Nexus 7 (2012)
薄く、軽く、横幅も少し狭くなり、片手でさらに持ちやすくなりました。
技適マークのラベルが無くなり、裏面がスッキリ。
裏面のラバー素材は前のモデルよりも高級感がありますが、
滑りやすいのが難点かも。
新型はだいぶ薄くなっているのがよく分かります。
あと、縦が少し伸びています。

Nexus 7で私が一番よく使うアプリは日経電子版の紙面ビュアーなのですが、画面の精細度が高まったため、縮小表示のままでも結構読めるようになりました。ビュアーの動きもクイックになり、改めてそれなりに重いアプリだったんだと気付かされます。

あと性能が向上したお蔭だと思いますが、旧型では厳しかったtsファイルの再生が新型でうまくいくようになったのも嬉しいところ。録画サーバーの中のtsファイルをESファイルエクスプローラーでアクセスし、MX動画プレーヤーVPlayerで見ているんですが、こういったフリーソフトを組み合わせて使う時なんかはiOSよりもAndroidの方が自由度が高くていいですね。

というわけで、薄さ・軽さ以外にも、画面の精細さと処理能力の向上が大きいので、買い替えた価値は十分あったと感じます。
新型になって残念ながら値段が上がってしまいましたが、中身はそのままで値段だけ上げたAppleに比べればまだ良心的でしょう。

画面の保護フィルムは旧型でも愛用していたマイクロソリューションのPRO GUARD Google nexus 7 (2013)F2AF-Fusso 防指紋撥水撥油高光沢フッ素フィルム) を使いました。iPhone で使っているパワーサポート製同様、綺麗に貼れるのでお勧めです。
【関連記事】:パワーサポート AFPクリスタルフィルムとアンチグレアフィルムを比較

フィルムの他にクロスが1枚、ダストリムーバが2枚付属。
クロスは大型でしっかりしているので、フィルムを貼った後も重宝します。
新型用はフロントカメラのところの穴が無くなっていました。
PRO GUARD Google nexus 7 (2013)F2AF-Fusso 防指紋撥水撥油高光沢フッ素フィルム) PRO GUARD Google nexus 7 (2013)F2AF-Fusso 防指紋撥水撥油高光沢フッ素フィルム)

マイクロソリューション Micro Solution Inc.
売り上げランキング : 89

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-Android, Nexus 7