AndroidでOpenVPN(本家アプリ使用、root化不要)

iPhone 5を持っているのでiPad miniと随分迷ったんですが、結局Nexus 7を買ってしまいました (^^)

Androidでないと動かないアプリというのもあるわけで、OpenVPNを使ってどこからでもVPN接続できる環境を作りたかったというのが理由の一つです。
iOSでもJailbreakすれば出来そうな感じなのですが、AndroidならOpenVPNの本家サイトで公開されているアプリでroot化しなくてもあっさり接続できました。
【2013/2/18追記】 いつの間にかiOS版も公開されていました!

以下はその方法です(IPアドレスは架空のもの)。

あらかじめ内部ストレージ(sdcard)に適当なフォルダを作り、接続に必要な証明書・鍵・設定ファイル類(*.crt、*.key、*.ovpn)を一箇所にコピーしておきます。
※各ファイルの作り方や設定ファイルの書き方については、OpenVPN 2.0 HOWTO等を参照してください。ただし、tapはサポートされていないので、tunを使う必要があります。


まずはGoogle Playから OpenVPN Connect をインストールします。
説明のところには、「OpenVPN Connect is the official full-featured Android client for the OpenVPN Access Server, Private Tunnel and OpenVPN Community, developed by OpenVPN Technologies, Inc.」と書かれています。
対応OSは Android 4.0以上です。

インストールされたOpenVPN Connectをタップし、メニューボタンから Import をタップします。

続いて Import Profile from SD card をタップします。

あらかじめ設定ファイル等をコピーしておいたフォルダを開き、設定ファイル(*.ovpn)を選択します。

プロファイルのインポートに成功したら、Connect ボタンで接続します。

無事接続できました!
接続中は左上に鍵のマークが表示されていますので、ブラウザーやSSHクライアント等を立ち上げてVPNにアクセスします。
切断するときは、OpenVPN Connectに戻ってきてDisconnect ボタンを押します。

このように複数のプロファイルをインポートして、接続先を切り替えて使うことも出来ます。

インポートしたプロファイル名を長押しするとメニューが出てきますので、ここから名前の変更や削除が可能です。

プロファイルのインポート後は、内部ストレージ(sdcard)に作った証明書や鍵を入れたフォルダは不要なので削除しておいた方が安全でしょう。
この他に私の場合は、 ConncetBot という無料のSSHクライアントと、Ctrl・Esc・矢印キー等を使うために Hacker's Keyboad をインストールしています。あとはNexus 7をiPhone 5でテザリングすれば、どこでもサーバーをメンテナンス出来る環境の完成というわけです。
iOSもよく出来ていますけど、Androidは自由で楽しいですねー \(^o^)/
OpenVPNで構築する超簡単VPN入門―Windows/Mac OS X/Linux対応 OpenVPNで構築する超簡単VPN入門―Windows/Mac OS X/Linux対応
ケイズプロダクション

ラトルズ 2006-09
売り上げランキング : 295938

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Google Nexus 7 タブレット 32GB Android Wi-Fiモデル 【日本国内版】 Google Nexus 7 タブレット 32GB Android Wi-Fiモデル 【日本国内版】

ASUS
売り上げランキング : 528

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-Android, Nexus 7