Windows 7標準AHCIドライバと、インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジーのドライバではどちらが速いか

ふと気になったので、Windows 7の標準AHCIドライバとインテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー(IRST)のドライバではどちらが速いのかを、買ったばかりのSamsung SSD 830(128GB)で検証してみました。ちなみにIRSTは、以前はインテル マトリクス・ストレージ・マネージャーと呼ばれていたものです。

まずは、Windows 7標準AHCIドライバ

次に、IRSTのドライバ。バージョンは10.8.0.1003を使いました。

大きな違いはありませんが、IRSTの方が4K QD32のReadが少し速いという結果になりました。NCQの効果が高いってことでしょうか。
テスト環境によっては違う結果になるかもしれませんが、興味深かったので書いてみました。

【テスト環境】
Core i7-2600, ASRock H67DE3, DDR3 4GB×2, Windows 7 SP1 (64bit)
Samsung SSD 830(128GB) SATA 6Gb/s接続

関連した投稿:

Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB MZ-7TE250B/IT (国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品) Samsung SSD840EVO ベーシックキット250GB MZ-7TE250B/IT (国内正規代理店 ITGマーケティング取扱い品)

日本サムスン 2013-08-07
売り上げランキング : 265

Amazonで詳しく見る by G-Tools

-パソコン